ビジョン・経営理念

「ファンを増やす」

ファンとは「FAN(ファン)」と「FUN(楽しい)」という2つの言葉を指します。
「ファン(FAN・FUN)」を増やすことが、アイデアログの成長に繋がると考えています。

①FAN(ファン)

ファンになるのはサービスの顧客だけではありません。
取引先、社員、社員の家族。アイデアログに関わる全ての人をファンになる会社を作りたい。
(1)良いサービスを提供し続けることで顧客がアイデアログのファンになり、
(2)顧客から愛されるサービスに関わる取引先がアイデアログのファンになり、
(3)顧客や取引先から喜ばれる会社に所属する社員や社員の家族がアイデアログのファンになる
関わる全ての人がファンになる。こんなスパイラルが流れる会社であれば、ずっと続く会社に成長させられるとアイデアログは考えています。

②FUN(楽しい)

仕事を楽しんでいる会社は業績が良い。これは間違いない事実です。
成果が出ると仕事が楽しくなり、仕事を楽しむ社員が増えれば会社の業績が良くなります。
達成感が味わえるチャレンジングな目標を設定し、その達成を賞賛する文化を作り上げることで「仕事が楽しい!」と言える社員が溢れる会社にしていきます。

経営理念を実行するための4つの約束

正直な事業

お客様に不信感を与える事業は行ないません。
会社が不信な事業を行なっていると社員は会社のことが嫌いになり、結果的にお客様も離れていきます。
アイデアログはサービス・提供価格など常に公平で公正な事業を行ないます。

感謝・感動が生まれる事業

人の原動力になるもの、それは感謝であり、感動だと考えています。
アイデアログが創ったサービスによってアイデアログがお客様から感謝されたり、お客様がユーザーから感謝されたり、二次的に生まれた事象により感動が生まれたり・・・。
アイデアログは常に仲間が喜びを感じられる事業を行ないます。

利益を出し続ける事業

倒産する会社の多くは、一時のブームにのって事業を拡大してしまったケースだと言われています。
一時のブームは大きな売上を生み出しますが、ブームが終わったときには仲間(社員・社員の家族・取引先パートナー、お客様)に多大な迷惑をかけてしまいます。
アイデアログは「ファンを増やす」という経営理念に沿って、ブームではなく、ずっと利益を出し続けられる事業を行ないます。

仲間が成長できる事業

アイデアログは仕事を理由に従業員が夢をあきらめることを許しません。
仕事を通して夢を実現できるように仲間がやりたいと感じる新しい事業を次々と生み出していきます。

TOP